読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当日

今日3月31日

今日、わたしは東京に嫁ぐ。

父親がわたしのために流す涙を初めて見た。薄いフィルムをピンセットで剥がすように慎重に、瓶に詰めて、土の中に埋めた。

たくさんの人の泣き顔を見た。

送別会は全部で5回した。

引越しは色んな人が代わる代わるやってきて、ちょっとずつ、全部終わった。

筆不精のわたしが手紙をたくさん書いた。

今はどんな歌でも聞いたら泣いてしまう。

たくさんのことがあった。3年間、全部働いて遊んだ。

あの家も、あの犬も、あの、わたしのいた場所も、ゆっくり馴染んでいく(ナメクジが這った後って、実はキラキラしているんだけど、そんな風になって、消えていくんだろうな)

さみしい。

わたしがわたしでいるために、色々なことを選択して、捨ててきて、生まれて初めて後悔している。

 

と、感傷は終わります。

4月から母校の美大の助手しながらフリーランスのテキスタイルデザイナーします!さっそく浴衣の仕事きたんで、夏が楽しみ!

f:id:umumymym0645:20170331190945j:image

今日これ買った!フィリップスタルクの椅子!!めっちゃ安くて嬉しかった!まじ新生活たのしみだね!!

2月

2月はずっと最悪だった。

たぶん2017年の厄のある月は2月。

最初に胃腸風邪になった。姪からうつった。

胃腸が元々弱いので、水を飲んでも吐いてしまう。一週間くらいグズグズしていた。

風邪が治ったら大雪がドカンと降った。その日はバイトだったから車を運転したけど、10分の道のりが1時間かかった。

その週明け火曜日、バレンタインの日、追突事故を起こす。朝の通勤の途中に、ゆっくりと前の車にぶつかっていった…気が動転して自分の携帯電話の番号が頭から飛ぶ。

相手もわたしも怪我なく、車も外装が少し傷んだ程度で保険屋同士の示談で済みました。

上記のことが起こってる裏で、新居を探していた。これは決まりました。良かったね。

そして新居を決めるにあたって彼氏の金のなさがやばくてそこから芋づる式に、怒りを詰めて地面でじっとしていた風船が割られていきました。これもしんどかったです。

あとは生命保険や奨学金返済、車のローンの色々な手続き。

こんな感じで2月は終わりました。

f:id:umumymym0645:20170331185827j:image

雪から車を出すのいつ想像しても苦痛だった。

 

雑誌

31日

仕事

特に何もないです。

最近引っ越しの準備しています。部屋も決まりそうです。

漫画やCD、DVD60点くらい売った。

1700円くらいになった。マゾンナのCDが値段つかなかったのなんか面白かった。

2009年くらいの装苑やstreet全然捨てらんない。川久保玲特集の雑誌とか、七尾旅人載ってるremixとか…

TOKIONは現行で集めてるし、studio voiceもマシューバーニー特集のやつだけなぜか捨てられない…

雑誌昔はおもしろかったよね。わたしは高校の頃はCUTiEを読んでいました。そのころのクウネルも良かったよ…クウネルはなんかの雑誌のムックみたいなかたちで出てきましたよね…

ポパイの編集長が今の人になったあたりから雑誌全体的につまんなくなった…

最近買って良かった雑誌はWIREDの音楽の学校ってやつくらいです…

マガジンハウスにはもうお金を落とさないと決めてるのにrelaxが復活したやつ買ったし…でもすぐコラージュの素材に切り刻みました…

すきなだけ漫画も雑誌もCDも買いたいな。

何も考えずに書きました。

 

23日

仕事。

雪がすごく降る。

日本海側の日照時間の少なさに完全に冬季うつになっている。日サロ行こうか本気で迷っている…

大きい仕事の正念場乗り切った。しかしまだ3月までに片付けなければいけないことがたくさんある。

インクジェットプリントの試験をした。

f:id:umumymym0645:20170124001208j:image

デザインは大学生のもの。

インクジェットを普通の生地にすると、染料が乗るだけなのでかなり安っぽくなってしまうから、ストール用のかなり薄い生地にしてみた。良い仕上がり。

自動織機やインクジェットプリントなどの自動で動くものは手仕事に劣る用なことを言いますが、ボタン一つ押せば動くってわけじゃないんですよね…ほんとに…

地元の染色家の方から新年会に招かれて、色んなことを夜中の2時くらいまで話して楽しかった。

地元はいいところだと思う。冬季うつになるけど。

f:id:umumymym0645:20170124001637j:image

染色家の方の奥様から教えていただいた美味いすりゴマ。これめっちゃ美味いわ。

ここ3日間くらいずっと雪がふっている。堪える…

f:id:umumymym0645:20170124002028p:image

f:id:umumymym0645:20170124002104p:image

雪の線がねじねじってなってる。

わたしの名前はゆきが付くけど夏生まれなんだよね。

テンプテーション

11日

仕事。

年明けからずっと設計してた布を織った。

織るとなんだかすっきりする。織るまでが机に張り付いてなきゃいけないからだと思う。

明日のお弁当はつくね丼。キャベツを敷いて、味の濃いタレをかけて、荒くみじんに切ったつくねを乗せる。

 

久しぶりにロールの紙を引っ張り出してきて、切ってデザイン画を作った。ドローイングたのしいなって思う。

 

先週末は実家の旅館を手伝った。担当のお客様がとてもいい人でたのしくおしゃべりしすぎてしまった。しゃべりすぎるタイプのコミュ障だから今思い出して辛くなっている。

それから、ナウシカ腐海の深層の木々みたいなクッキーを売ってるちっさいお店を発見した。

めちゃくちゃうまかったので一瞬で食べてしまった。画像拾ってきました…すみません…

f:id:umumymym0645:20170112002436j:image

f:id:umumymym0645:20170112002446j:image

f:id:umumymym0645:20170112002456j:image

本当に腐海の砂になる前の木々なんです。こういうくそお洒落みたいな店あんまり好きじゃないんだけど…

 

お正月のことをちょっとだけ、彼氏の頭を坊主にしたこと、ファンタスティックビーストを3Dで見たこと、いろんな種類のみかんを食べ比べたこと、大学の忘年会でいろんな人間の悪口を言ったこと、ゆきのちゃんとお酒飲んでカラオケに行ったこと、楽しかったことがたくさんありました。

7日

仕事

母のことを考える日だった。

母は毎日ゴールドの華奢なチェーンの一粒のダイヤがついたネックレスをしていた。わたしが6つのときにはすでに癌だった。ネックレスには片方しかない乳房の思い出しかない。

ここ数年、一粒の石の華奢なネックレスを探している。けれどない。それは思い出の中なので。わたしは、家族が母の思い出を美化するのが嫌いだ。でもいちばん美化しているのはわたしだとも思う。

今日、祖母宅で母を含む三姉妹が使っていた、それぞれに花の柄が入った揃いのマグカップを、母の分を譲ると言われた。わたしはそれを割りたい気持ちになった。

遺品を使うように言われるのがすごく気持ち悪い。全て燃やしたい。真珠のネックレスもちぎって海に返したい。

深夜に少しだけ遺品を見た。両親に甘く楽しい幸せな時間があったことが確かにそこにあった。燃やせばいいのに。そんなこと。

母は愚かだった。家族の為に癌を治したい一心で言われるがまま投薬を続け、癌はひとつもなくなった。けれど薬のせいで身体は壊れてしまい、息ができないまま死んでいった。

悲しさは闇でしかないのか。この、いまこの気持ちで綴る文章は救いなのだ。

明るく日の当たる場所にあるべき健やかさを取り戻す為に。

家の前で泣く機会を逃してしまったので、わたしの悲しみを代表するわたしは、こうしてインターネットの底で悲しいと言うしかない。

母を知る人は皆わたしのことを可哀想だと言う。不幸な人生とか。あなたたちにはわたしの笑顔は届かないのだろうか?

愛してくれてありがとう。

男の人

28日

今は彼氏へ会いに行くのに新幹線に乗ってる。

家の前に鹿や熊が出る地域に住んでいるので、新幹線乗り場はもう都会だった。並んでいる顔のキレイな男の子(たぶん22、3)を後ろ見ていて、全くなにも掻き立てられないのを、なんでかな?って考えていて分かったこと。わたしは貞操観念が全然ないので、男と見るとすぐにセックスしてしまう。ちなみにそのせいで男友達はほとんどいない。彼氏と付き合ってからそういうことはないけど、貞操観念についてすごく怒られるから、彼氏以外に身体を許してはいけないって学習した。だからキレイな男の子にはまじで何も感じなくなってしまった。その代わり彼氏によく似た太った男の人見たときちょっと微笑んでしまって自分でビックリした。